白くま生態観察記

上洛した白いくまもん。生態日記。冬眠するので春になったら起こして

江國香織『泳ぐのに、安全でも、適切でもありません』

江國香織『泳ぐのに、安全でも、適切でもありません』(集英社2005年)。

山本周五郎賞受賞作。

 

さらさらと、こころにしみこんでくる短編集である。私の一人称で、切り取られた世界の断片。

 

「うんとお腹をすかせてきてね」「ジェーン」「犬小屋」が好みだ。

男と私だけのくすりとしてしまうような決まりごと。なるようになっているのだか、なっていないのだか、よくわからない女友達との日々。さようならのいえないさようなら。

 

こころの内側に、するりと入りこんでくる。

 

現実に息づいていて、それでいてふわっとした手触りの作品である。

 

「短編は完璧な構成を楽しむもの」と思っている私にも、肩ひじ張らない語り口は、するすると読ませてしまう。

夏の夕暮れ、縁側で息をついていると、隣に座った「私」がゆったりと語りかけてくる感じだった。