読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白くま生態観察記

上洛した白いくまもん。生態日記。

映画『百円の恋』

『百円の恋』

 

日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞。

 

前半はとにかくつらい。つらすぎて正直見ていられない。見ていられないと思った人は、1.5倍速でみることをお薦めする。ここを乗り越えれば、すごいものが見られる。

中盤からの疾走感はすごすぎる。

 

打ち込むものを見つけたとき、ひとは、ここまで変われる。

 

【あらすじ・流れ】

主人公は、斎藤一子。32才独身、ニートで実家暮らし、家の手伝いもせずテレビゲームに興じる。ただ息をしているだけのごくつぶしだった。

 

あるとき、しっかりものの妹と喧嘩し、家を出ることに。コンビニでアルバイトを始める。

 

コンビニで近所のボクシングに所属する男と知り合いになる。男と仲良くなり、男の試合でボクシングに興味が出てくる。ためしに入会する。

 

男は一子と同棲をすることになった。試合で負けて、ボクサーの夢をあきらめた。やがてボクシングを始めた一子と一緒にいるのがつらくなり、男は家を出る。

 

一子は家を出た男が気になるも、ボクシングに打ち込む。自分がやりたいことを見つけたから、周りにも積極的にかかわれるようになった。

プロ試験に合格し、対戦もしたいという。まっすぐな目、ひたむきな練習。コンビニで気に食わない相手に歯向かい、アルバイトをクビになる。

 

対戦が決まり、男にも見に来てほしいと告げる。

髪も短くし、いざ対戦の日。

もう目線は、ボクサーそのもの。「一発も当てられない。そんなにあまくないぞ」と言われても、どうしても出たかった。みんなが来ているまえで、ボコボコにやられる。

「一発くらい入れてくれよ」周りの声。応えるように、さいご、一発だけ当たる。

 

返されて、見事に負ける。「好きな、試合だった」と認められる。

 

男のまえで「勝ちたかった」と大声で泣く。ふたりで帰る。

 

【感想】

前半の描写からは目をそむけたくなる。どこかの下町にいそうな設定で、映像にもカメラにもドキュメンタリー風味がある。

髪をつかんで喧嘩して、頭にケチャップひっかけられて、ボソボソ声で面接に挑んで。男に誘われた動物園、「なんでわたしなんか」「断られそうになかったから」。しまいには、レイプされてしまう。処女である。

 

しかしボクシングを始めてからは、まったく違う。男がいなくなっても、ひとりで続ける。拒絶された男に対して、見に来てほしいと必死に走る。内面が変わ