白くま生態観察記

上洛した白いくまもん。生態日記。冬眠するので春になったら起こして

なんとなく

読み返すと、むかしとは読みかたの変わる本がある。

当然だろう。

なにかを経験するたびに、自分の感情や周りの状況の記憶が蓄積されていく。自分が変わるのだから、味わいも変わってくる。

 

むかしは楽しめたものが、楽しめなくなる。

いまいち没頭できなかった物語が、心に訴えてくる。

その人にとって、読むべきときというものがある。

 

逆に考えて、あるタイプの本が心を動かすときには、そういうものを求める心的状態であるということがいえる。

 

リスト「愛の夢」を聴きながら、本だけにかぎらないじゃない、と思った。外界の情報のうち、心に適したものを無意識に選んでいる。

違う趣向だけれど、メンデルスゾーン「イタリア」も心地よい。