読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白くま生態観察記

こんど上洛する白いくまもん。生態日記。

映画『アパートの鍵 貸します』

映画

『アパートの鍵 貸します』

1961年のアカデミー賞で、脚本賞を取っている。これから脚本賞受賞作品を見ていくことに決めた。

こういう映画が見たかったんです。

 

【見どころ】 

男性を主人公に進んでいくプロットと、女性を軸に進んでいく裏プロット。どこがどのように関係しあうのか。

 

【あらすじ・流れ】

恋愛や生活よりも、仕事の評価。
バクスターは自分の住む部屋を、不倫の場所として貸し出していた。
そんなとき好きな女性が現れる。その女性も、部屋を使っていた……
バクスターはどうするのか!

主人公のバクスターは仕事の評価をあげるために、上司5人に不倫場所として自分の部屋を提供する。

やがて、残された忘れ物から、想いを寄せるキューブリックも密会していたことに気づいてしまう。お相手は局長。

衝撃を受けながらも「彼女は局長のもの」と思い定めて、知らないふりをして局長に貸しつづけ、昇進する。

不倫という関係に耐えられなかったキューブリックは、クリスマスイヴ、睡眠薬を大量服用して自殺を図る。

昏睡している彼女を、部屋に帰って見つけるバクスター。懸命な看護で、なんとか救う。

「局長にまだ恋をしているの。間違った人に恋をする才能があるみたい。
なんであなたを好きになれないんだろう」
言い放つ彼女と、体力回復のため数日間一緒に過ごす。悲しいけれど、楽しい時間。カードゲームをする。
いくら言っても、局長は彼女に優しい言葉ひとつかけようとしない。それでも、彼女が好きな局長の悪口は言わない。彼女を守り続ける。

しかし局長の不倫が奥さんにばれて、局長と彼女が結ばれることに。猶予は、離婚成立までの6週間。
局長はいまだ彼女を愛そうとはしない。彼女は局長が好き。
どうにもならない状況に、バクスターは部屋を捨てることを決意。彼女を傷つけず、自分の感情にケリをつけるには、これしかない。仕事も放りだす。

大晦日、彼女は局長とパーティに。局長にケリをつけて、走り出す彼女。晴れやかな顔。
引っ越し間際のバクスターの部屋につく。カードを取り出して、バクスターを見ながら「まだ途中だったわ」
バクスターは見つめ返しながら、ついに気持ちを言葉に出す。「ずっと好きだった」
見つめあうふたり。カードを配る手を止めて、「あなたを愛しているんだ」
「黙って。カードを配って」
おしまい

【感想】

最高です。美しい。

小道具がとても印象的。
キューブリックが不倫相手であることに気づくとき:割れた手鏡
昇進をあらわすもの:帽子
局長からキューブリックへのクリスマスプレゼント:100ドル札
パスタの水切り:テニスラケット

バクスターも最高じゃないですか。
惚れた女が局長のものだったとわかっても、彼女の気持ちにズカズカ入り込んでいかない。
ただ懸命に彼女を守ろうとする。彼女に元気を出してもらおうと、局長を何度も説得しようとする。さびしげに後ろから見守る。
他人を好きな女の子。ままならない現実で、自分がぐっと飲み込んで、すべてを彼女のためになるように。

伏線が美しく構成されている。
こういう映画を見たかった。