読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白くま生態観察記

こんど上洛する白いくまもん。生態日記。

映画『(500)日のサマー』

映画

『(500)日のサマー』

 

身の周りで謎の流行をみせた映画。

「なんで()がついてるのかな」と思いつつ、なかなか見る機会がなかった。「どうせ恋愛映画でしょ」と思って敬遠していた。

 

しかしそのわりには、「キュンキュンした!」系の感想は聞かなかった。みんなそろって「グサグサきた」と言っていた。

 

繰り返す。

それでもぼくは、「どうせ恋愛映画なんでしょ。ラブ・ロマンスなんでしょ」と思い込んでいた。

 

見た人ならわかるだろう。

まさに主人公と同じ状況に陥っていたのだ。

 

じっさいは違った。相手は、ビッチだ。

 

【あらすじ・流れ】

主人公はトムである。主人公はサマーに運命を感じて恋をしてしまった。

時系列を日記形式に操って、うまくいっていたときとうまくいかなくなってからを対比させながら、物語は進んでいく。

 

歳の離れた妹に失恋をなぐさめてもらうところからスタート。

別れを切り出されるところをみせて、どうなるのだろうと思わせる。

 

サマーの恋愛観が示される。「誰かの所有物になるのなんて嫌。自分自身でいたいの。愛は絵空事よ。楽しければ、それでいいじゃない」

浦沢直樹に似ている同僚もいた。その同僚が帰る間際に「トムはベタぼれだぞ」と言う。ここでサマーは「友達として好きなのよね」と訊き、トムは悲しい顔で「ああ」と答える。まるっきり嘘だ。

 

ここから、トムとサマーの「恋愛」が始まる。

キスしたり、セックスしたり、AVを一緒に物色したり、公園で脈絡もなく「ペニス」と叫びあったり、記念の場所で腕に絵を描いたり。うまくいっていたころの記憶が、たくさんよみがえる。

トムは「セックスしたんだから、もはや友達ではない!」と思い込んでしまう。

 

うまくいっていたときと、うまくいかなくなってからが、振り子のように対比される。

イケアで夫婦のようにいちゃいちゃしたと思えば、イケアでサマーは無表情。

レコード屋で笑いあってると思えば、レコード屋でサマーは無表情。

仕事が最高にうまくいっていたときと、ぜんぜんだめなとき。

サマーのすべてがすきだったときと、すべてがいやに見えたとき。

 

こんなふうになったのは、トムがふたりの関係をはっきりさせようとしたからだった。

恋人同士になりたいトムと、友達としてしかみられないサマーは、決裂した。サマー「わたしたち、親友でしょ」

 

やがて。サマーは、トムが知らないうちに結婚していた。

それを知ったトムは絶望し、仕事をやめる。

昔からの夢だった建築家を本格的に目指すことに。

 

サマーとまた会う。

そこでサマーの本性をやっと受け入れられる。「きみは欲張りなんだな。ぼくには理解できない」

サマーは「夫とは会うべくしてあったのよ。きみのいう運命だった」

 

サマーを乗り越え、建築家を目指すトムは、就職面接のときに一緒にいたオータムに出会う。オータムも、トムのことが気になっているようだ。

 

また新たに、1日目が始まった。

 

【感想】

 

サマーは一貫して「トムとは恋人にはなれない」と言っていた。

トムは「(最初は)それでもいい」と言った。

しかし仲よくなってセックスもしてこころも許されたはずと思ったトムは、サマーがあいかわらず「真剣には付き合えない」と言ってくることに耐えられなくなる。

そこではっきりさせてしまった。ふたりは決裂した。

トムは絶望する。しかし相手に理想を見るのをやめ、自分の軸を見定めて再起すると、ちゃんと好きな相手が見つかる。

 

純情くんが、ビッチに恋をしてしまった、悲しい物語である。

認知的不協和だ。純情くんは、恋人の関係じゃないとセックスはしないものと考えた。だからこそ、恋人同士のような言動ばかりが思いだされる。「恋人同士なはずだ!」。「恋人にはなれない」という言葉は、本心じゃないんだろうとまで思ってしまう。

しかし不安である。だからこそ、ちゃんと確かめたかった。

サマーは、楽しいならば、誰とでもセックスできる。快楽主義者なのだ(誠実だった。

http://butaille.com/2015/09/29/)。

決定的な差である。

 

そんなサマーにも、結婚相手ができる。

つまり、トムとサマーは、接してはいけない人種だっただけなのだ。身の程にあった恋ほど、大切なものはない。

 

こうした物語を、処女×プレイボーイで語るのは面白くない。見慣れた物語に過ぎない。

それを童貞×ビッチで語るから、ここまでの衝撃がある。

 

よかった。